トーク詳細
トーク詳細
働き方

季節スポーツのスキーヤーとしての活動を年間通して活動できる状態にするための明確なスキルとステップとは

image image
詳細

たまたま子供の頃から続けていたスキーを仕事として続けることになり、当然ぶつかった季節スポーツとしての収入の変動という壁。
 
スキーヤーに限らずプロであれば企業のサポートを受けたり賞金でスポーツそのものを仕事として継続することはできますが、マイナースポーツほどスポーツを続けるのは難しく、生活のためやスポーツを続けるために別の仕事を掛け持ちながらスポーツをする時間を削って働いている人が多いと思います。
 
しかし、これほどまでにインターネットやSNSが普及した世の中で、もっと新しい生き方やアプローチの仕方がないのでしょうか?
 
そんな疑問から少しずつ動き始め、活動のベースをオンライン上に持っていくことで年間通してスキーを仕事にすることに成功。
 
オンライン上でレッスンを展開したりスクールを運営することにより、集客が自動化され顧客は毎月増え続けスクール参加者も募集開始10日で定員の100名に到達。無料のオンラインサロンの参加者は1300名を超え、YouTubeチャンネルの登録者は4000名を突破。
 
さらに、その活動に注目したスキーメーカーとスキーブーツメーカーから1シーズンの用具の貸し出しサポート契約を受けるまでになる。
 
 
これらの結果は、誰もができるアプローチで段階を踏んで行ったことにより得られたものです。
 

そして、ここに書いた結果はオンラインをベースに活動を始めて2年での実績となりますので、これまでの活動の改善を重ね継続していくことで、更に活動の幅は広がっていくと考えています。
 
 
【 私がお話できること 】
・スポーツをビジネスにする具体的なスキルとステップ
・スポーツをビジネスにするために必要なこと
・企業から声をかけてもらう仕掛け作り
・企業にサポートされるために必要なこと
・個人で活動するために大事な ” 集客 ” について
・人が集まる場所を作れる人になる
・SNSを活用した集客の仕組み
 
 
【 トークについて 】
〈 オンライン 〉
日時 : 平日の10時〜22時(土日は応相談)
方法 : Skype・Facebookなどのテレビ電話にて
 
〈 対面 〉
日時 : 平日の10時〜22時(土日は応相談)
場所 : 新宿・渋谷・横浜・鎌倉のカフェにて

価格
5000円
所要時間
90分
いいね:3人 申込者数:0人
話し手プロフィール
image

齋藤 勇洋

東京都

自己紹介

2015年10月に合同会社KairosFactoryを設立 小学2年生から始めたスキーを高校卒業後もインストラクターとして関わり、現在もスキーに関わるサービスを手がける。 「インターネットやSNSが広がり他業界はサービスの展開もサービス内容も変化し幅も広くなっているのに、スキー業界は変化のないまま...もっと個人が個々に積極的に活動したり、エンターテイメント性のあるコンテンツがあってもいいのではないか?」そんな疑問を解決するべく、個人として・会社というチームとしてスキー業界に働きかけている。